七十年伝承の味(五平餅)の「桔梗屋」さんが、「きりら坂下」売店で、おにぎり・季節に応じた和菓子を販売中です。

1.地元食材を使った「変わりおむすび」地元産のお米に蕎麦の実を混ぜ炊き上げ、おむすびのネタに奥美濃古地鳥{中津川産}の味付け卵を使い握ってあります。蕎麦の実の粘りも加わり旨みのある「変わりおむすび」です。

おむすびだんめん
2.地元産のお米に、蕎麦の実とエゴマの葉{坂下産}を混ぜ炊き上げ、おむすびのネタに五平餅のたれと鰹節を和えた具を使い握ってあります。
たまごおむすび

そば粉を使った和菓子

3.そばからすみ{米粉、蕎麦粉、砂糖で作っています}

からすみとは中津川地方に伝わる伝統の和菓子です。一般的にカラスミはボラの卵を日干し乾燥したものが酒のおつまみとして全国では有名ですが、当地方では諸説ありますが、和菓子からすみはボラのカラスミが高価な商品で当地方庶民の口に入るのが難しい為この和菓子を代用として作り、主に桃の節句に各家庭で食べる習慣になっています。米粉を利用し作られていて、形は写真のように富士山型になっています。

そばからすみ写真

 

4.そば粉入りほうば餅{米粉、蕎麦粉、小豆、砂糖で作っています}

ほうばの葉に半月の形にした小豆入りの餅を包み、当地方の各家庭で、端午の節句の頃作って食べます。全国的には柏餅が有名ですが、中津川では今の時期ほうばの葉も成長して殺菌効果もある為、ほうば餅、ほうば寿司等で利用しています。

 

ほうばもちしょうひん

 

ほかにも沢山のオリジナルメニューがありますが、本業はこちらです

蕎麦の実入り五平