岐阜県道の駅きりら坂下|100%地元産そば粉を使用した蕎麦。木曽川と恵那山を望む眺望もおすすめ

そば打ち体験の流れ

そば打ち体験の流れ_カバー画像

そば打ち体験の流れ

そば打ち体験の流れを簡単にですが、紹介していきます。実際には細かな行程やコツが幾つもあるので実際に来て、そば打ちの楽しさを感じてみてください。もちろん最後にはおいしい手打ちそばがお召し上がりいただけます。

お問い合わせ
まずは電話・メールフォームからお気軽にお問い合わせ・ご予約ください。
その1_粉を振るう
01

粉を振るう。そば粉400ℊと小麦粉100ℊをふるいにかけよく混ぜ合わせる。

その2_そば粉と小麦粉を混ぜる
そば打ち体験の流れ

両手、指先をクマデのように広げて円を描くように、下から上へと動かしてそば粉と小麦粉を良くかき混ぜる。

その3_水まわし
そば打ち体験の流れ03

水、260㏄を使用しますが最初は100ccを残し加水する。そばがうまくつながるよう粉に均等に水を回す。

その4_手で混ぜる
そば打ち体験流れ04

手を広げて均等に混ぜる。揉んだり捏ねたりするとうまく混ざらない。やさしく撫でるような手さばきで混ぜる。

その5_ほぐす
そば打ち体験流れ05

大きなダマがある場合は 両手ですくい軽くこする動作を繰り返してダマになった粉をほぐす。

その6_水分調節
そば打ち体験流れ06

粗いパン粉状になったら2回目の加水を中央にする。

その7_つぶが大きくなる
そば打ち体験流れ07

粉に良く水が回ると粒が大きくなり自然とまとまってくる。粉の固まり同士がどんどん大きくなり、群らがってくっついてくる。

その8_練る
そば打ち体験流れ08

両手を使いこね鉢に粉を押しつけるような感じで、ツヤが出てくるまで練る。

その9_球状にする
そば打ち体験流れ09

練り終わったそば玉のしわになった部分を上にし包み込むようにしてとじる。球状にまとめて仕上げる。

その10_丸くつぶす
そば打ち体験流れ10

打ち台にそば玉を移し。上から軽く手のひらで押さえて15~18cmくらいの大きさに丸くつぶす。

その11_伸ばす
そば打ち体験流れ11

生地に打粉を軽くふり麺棒を使い約40cmになるまで延ばす。

その12_転がす
そば打ち体験流れ12

生地を麺棒に巻き付け、両手の幅は生地の両端より少し開き3回転がす。この動作を縦横繰り返す。

その13_角だし
そば打ち体験流れ13

生地を広げて角だしをし、縦横70㎝、厚さ1.2mmにする。

その14_畳む
そば打ち体験流れ14

そばがくっつかないようにするため、打ち粉はたっぷりふり生地を手前に半分に折り畳む。

その15_畳む02
そば打ち体験流れ15

打ち粉をし3ツ折にたたむ。

その16_切る
そば打ち体験流れ16

小間板は軽く指を添え、あまり力を入れないで切り下ろした包丁を倒し、小間板を麺の太さぶんずらす。この動きを繰り返し生地を切っていく。

その17_茹でる
そば打ち体験流れ17

大きめのナベにたっぷりお湯を湧かして、1〜2人前ずつ、ほぐしながら入れる。湯の中で泳ぐくらいの量をゆでる。湯で時間の目安は、麺の太さにもよるが、1分〜1分30秒。

その18_ぬめりを取る
そば打ち体験流れ18

水を入れたボールにそばを移し、指を広げて素早く左右に動かして、そばのぬめりを取る。

その19_そばを締める
そば打ち体験流れ19

氷水に約20秒浸してそばを締める。

その20_完成!!
そば打ち体験流れ20

これできりらの手打ちそばは完成!!。挽きたて、打ちたて、茹でたての蕎麦をお召し上がりいただけます。お召し上がりにならなかった分は、お持ち帰りいただけます。

そば打ち体験のご予約は、下記のページよりお申し込みくださいませ。(完全予約制)

そば打ち体験予約ページ

お気軽にお問い合わせください TEL 0573-70-0050 受付時間 9:00~18:00 / 定休日 水曜日(祝日の場合翌日休み)

PAGETOP
Copyright © 道の駅きりら坂下 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.